ドジソンの本棚

上の『大学数学』から数学記事検索が簡単にできます

ドジソンの本棚

本サイトはプロモーションを含みます

【最新版】大学の確率論でのおすすめ参考書・教科書まとめ

ここでは大学での確率論のおすすめ参考書を紹介します。

学部3年~4年から学ぶことが多く、また測度論やルベーグ積分の知識が求められるため、それに対応した本を選んでいます。

 

※記事後半で教科書を安く買う方法を紹介!最後まで必見です!

1,『確率論』伊藤清

教科書として使うことを勧めます。

多くの確率論の本がこちらの本を参考にしているので、持って(買って)おくべきです。

しかしながら難しいのは言うまでもなく、他に補助となる参考書が必要となります。

※この1冊だけだとほぼ挫折しそうになります。

 

1.5,『ルベーグ積分入門---使うための理論と演習』

確率論の前に、測度・ルベーグ積分を理解する必要があります。

伊藤清の確率論の補助としてこちらの本がおすすめです。

測度・ルベーグ積分についてわかりやすく書かれており、解答解説もしっかりと載っているので安心して読むことができます。

 

2,『確率論 講座数学の考え方』

測度論・ルベーグ積分の復習をしつつ、確率論に挑む場合は、上2冊ではなく、こちらの本を選ぶのもあり。

1と比べると、より初心者向けの本。

測度論・ルベーグ積分の知識があるなら1の補助として使うのもありでしょう。

※測度論・ルベーグ積分を一度でも通して勉強したことがあるというのが条件であるため、不安な方は1.5で紹介した本等も買っておくべきでしょう。

 

3,『確率論 講義ノート

測度論・ルベーグ積分もよくわからない。でも確率論を勉強したい。

という方におすすめの1冊。

初心者向けにやさしく、かつわかりやすく解説してあり、読み物としてもOK。

筆者(私)もこの本のおかげでより理解が深まったので、感謝しています。

 

4,『ルベーグ積分から確率論』 (共立講座 21世紀の数学)

買うなら1冊が良い。測度論・ルベーグ積分の勉強はサッと済ませて確率論がしたい。

という方におすすめ。

他にも確率論とルベーグ積分がセットになっている本はあるが、それらの中でも特に綺麗にわかりやすく、まとめてあると感じました。

大学にもよりますが、学部で学ぶ確率論ならこの本でカバーできるはずです。

 

教科書を安く買うコツ

上で紹介した本も含めて教科書はメルカリで安く買うことができます。

中古でも良いという方は、Amazonなどよりも安くなります。

 

例えば確率論のページだと≫こちらから確認できます。

 

▼初めてメルカリを利用する方向けお得情報▼

メルカリの支払いで使える500円分のポイントがもらえる!

【手順】簡単2ステップ!

①メルカリアプリをインストールする(≫こちら

②アカウント作成時に招待コード『NKWTPJ』を入力する(完了!)

 

【注意点】おすすめの買い方のコツ

特典ポイントは約2週間後に付与となります。

※先に≫確率論(メルカリ)から『いいね』で欲しいものリストに入れておき、特典ポイントが付与されたタイミングで購入を進めるとお得です。

 

Amazonで購入する方必見!

Amazonで購入される方は、Amazon Prime Studentを使うことで、多数の特典やお急ぎ便が無料になるなど、かなりお得になります。

登録がまだの方はこの機会に済ませておきましょう。

 

※登録無料で、半年間無料期間があります。その他、特典の詳細は下からご確認ください。

≫Amazon Prime Studentに無料登録する

 

★下にPrime Studentの特典内容を載せておきますので参考にしてください。

※クリックで拡大表示できます。

≫Amazon Prime Studentに無料登録する