ドジソンの本棚

上の『大学数学』から数学記事検索が簡単にできます

ドジソンの本棚

2022/05/17(コンビニ等で使える500円分のクーポンプレゼント!)
《クリックして開けます》

今度このサイトでメルペイ(コード決済)の記事を書くことにしました。

内容は友達紹介です。アプリDL後、紹介コード【NKWTPJ】を入力してください。

すると、コンビニや、すき家などで使える500円分のポイントがもらえます!!

アプリDLは下から!

https://merc.li/dDedmNWRa

数学の本は高いですが、この下の記事で紹介しているサイトを使えばAmazonで無料で買い続けることができます!

⇩興味がある人は是非⇩

≫【Amazon】数学の本を0円(無料)で買い(読み)続けた方法を公開!!

勉強しているけどモチベと成績が上がらない……

というアナタ!!

ブログを始めましょう!勉強したことがお金にもなってモチベもUP!!

⇩詳しくは下の記事で!⇩

≫【完全無料】モチベと力を付ける勉強ブログの始め方(+稼ぐ)

【LaTeX】フォントを変える:ボールド(bold)ゴシック(Gothic)イタリック(Italic)

アンケートに答えてAmazonギフト券をもらおう!
≫マクロミルに登録する (筆者も使ってます)

はじめに

ここでは\LaTeXのフォントの変え方で、
ボールド(bold)ゴシック(Gothic)イタリック(Italic)にしたい場合はどうすればよいのか解説します。
といっても一回見ればあとはできるはずなので解説というほどでもないですが。
※ブログをやっている方は注意が必要です。詳しくは下で。

一度は読んでおきたい、おすすめ記事⇩
dodgson.hatenablog.com

ボールド(bold)

f:id:Dodgson:20220126154410p:plain
です。
中身は下のようになっています。

\textbf{bold}

注意:CLoud latexなどで使う分には問題ないですが、ブログなどでは上手く変換できないこともあります。
下で紹介するものも同じく変換できない場合もあるので注意です。

ゴシック(Gothic)

f:id:Dodgson:20220126155037p:plain
です。
中身は下のようになっています。

\textgt{Gothic}

綺麗ですね。筆者のお気に入りのフォントです。

イタリック(Italic)

f:id:Dodgson:20220126155319p:plain
中身は下のようになっています。

\textit{Italic}

おわりに

とりあえずはbf,gt,itを覚えていればいいかと。
他にも\LaTeXの記事を書いています。
役に立つと思うのでよかったら見てください。

全体の数学記事まとめから見る⇩
dodgson.hatenablog.com


直接、\LaTeX記事まとめ部分に飛ぶ⇩
即解決!大学数学まとめ【院試まで使える】 - ドジソンの本棚

おすすめ記事⇩
dodgson.hatenablog.com