ドジソンの本棚

上の『大学数学』から数学記事検索が簡単にできます

ドジソンの本棚

本サイトはプロモーションを含みます

【厳選四冊】数学科が勧める複素関数の参考書【複素解析】

【厳選】数学科が勧める複素関数の参考書

f:id:Dodgson:20210829155424p:plain

こんにちは、ドジソンです。

普段は『その場で勉強できる』を意識して大学数学記事を書いている者です。

参考:即解決!大学数学まとめ【院試まで使える】 - ドジソンの本棚

 

上でも十分ですが、それより先を求める方に。

今回は大学数学の複素関数複素解析)のおすすめ参考書(教科書)をご紹介します。

例えば≫この本です。

厳選!複素関数

それでは見ていきます。

場合によって様々なので

自分に合ったものを見つけましょう!

 

1.急いでいる方向け

『道具としての複素関数』涌井 貞美(2017):日本実業出版社

 

この書籍は、複素関数複素解析)についての基礎理論をわかりやすく紹介しています。

また、複素関数をより直感的に理解できるように設計されており、難解な数学記号や冗長な説明を排除し、短時間での学習を可能にしています。

理系の大学生や技術者、そして参考書としても おすすめできる一冊です。
複素関数を使いこなすための必須ツールとして、ぜひ手に取ってみてください。

 

コメント:私が参考書として使った中で一番吸収しやすかった書籍です。初めて複素関数を学ぶ方は是非!

 

2、とにかく実力を付けたい方向け

複素関数入門』ジェームズ・ウォード・ブラウン、 リュウエル・V.チャーチル(2008)数学書

 

この本は、大学理工系や教育系、高専の学生向けの教科書兼参考書です。

内容は数学的に厳密でありながら、読者が容易に理解できるよう工夫されています。

さらに、章末に500題以上の豊富な練習問題が用意されており、演習書としても非常に適しています。

複素関数に関する知識を習得し、実践的に活用したい学生にとっておすすめの一冊です。

 

※コメント:○○演習という本は他にもありますが、買うとすればこの本か、次の『関数論演習』でしょうね。

自分のレベルにあった方を選びましょう。

 

『関数論演習』藤家 龍雄 (著), 岸 正倫 (著)(1993)サイエンス社

内容としては、上で紹介した本とほぼ同じです。

問題量が多く、レベルも高いのが特徴です。

試験や院試対策、さらに実力を付けたい方はこちらもおすすめです。

 

3、時間がある場合(大学2,3年くらい)

複素解析』L.V.アールフォルス(1982)現代数学社

 

この書籍は複素解析の入門書(主に教科書)として幅広く評価されています。
複素解析の基本からスタートし、コーシーの定理や留数定理などのより高度なトピックまでを包括しています。
また、数学の学生や専門家だけでなく、物理学や工学など他の科学分野の研究者にも有益な情報を提供しています。

 

コメント:アールフォルスは皆さんご存じのとおり、有名な数学の教授です。その経験を活かし、厳密さと理解しやすさを両立させた書籍となっています。

難易度の高さからも、卒論や大学院への研究用として持っておきたい一冊です。

しかしながら、問題練習などは無いので、その点は注意すべきでしょう。

 

以上、厳選四冊でした。

 

さらにレベルの高い複素関数

洋書でさらにレベルの高い複素関数を勉強して見ませんか?

下の記事で解説していますので、是非参考にしてください。

dodgson.hatenablog.com

 

あわせて読みたいおすすめ参考書

卒論・修論作成時に、LaTeXを使用する必要があります。

※参考:LaTeX - Wikipedia

しかしながら、忙しい時期に追加で覚えることが増えると、時間が無く困ります。

そこで、筆者(私)が作成した『はじめてのLaTeX ~初心者向け入門書~』がおすすめです。

 

本書は、初心者向けにわかりやすく、可能な限り早く習得するために作成しました。

本記事初めに紹介した複素関数の参考書と同様に、≫Kindle Unlimitedの利用者であれば無料で読めます。

また、こちらも通常購入をする場合でもかなり安く買うことができます。

興味がある方は、是非!

 

≫Kindle Unlimitedに登録すると、30日間無料で利用でき、他者出版物の対象書籍も読み放題になります。興味がある方は、是非お試しください。

 

おわりに&まとめ

本記事では、複素関数の勉強で特におすすめできる参考書を紹介しました。

さいごに、上で紹介したものを再掲します。

 

電子書籍

【参考書(紙)】